Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、Flash、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

「Java仮想マシン」の実行を許可していないブラウザではページ下部の画像が正常表示されないことがあります。初期状態のままならO.Kです。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2009/07/17

 

■HP説明3

本サイトはCGI、JavaScript、JavaAppletなどをページに埋め込んで稼動させることも重視しています。スクリプトソース

の配布、閲覧は行っていません。特に、CGIの公開はセキュリティ上の問題があります。

 

■HP説明2

このサイトは筆者がHP実験で使用することがあります。

 

■HP説明1

プレゼン資料の作成が得意な人はHP作成なんて朝飯前でしょうが、私は苦手であるためひじょーに苦労した。
まず、画面設計をどのようにし、どんな項目を盛り込むのかがホームページ作成の課題です。一番大切なのは、画面

のユーザーインターフェイスをどの様にするかである。タイトルとリンクキーを同じグループにしたいことから上部にヘッ

ダ枠を設定した。左枠にした方が画面をスクロールしても、別ページに即移動出来るので便利だがタイトルを入れるこ

とから上部になった。また、ただの文字の羅列では飽きてくる。背景色、文字と画像の配置関係により視覚効果と変化

を与えられれば一番良い。


白背景では背景が明る過ぎ、画像等の印象が弱くなることから、黒にして全体の引き締めを行っている。
一つ難点は、ホームページ構成を良くし過ぎると逆に内容の貧弱さが目立ってくるという弊害が発生することがある。
ホームページ記述言語で書けば柔軟性はあるが時間と労力が掛かり過ぎることから、アプリケーションソフトを使用して

いる。作者の趣味的部分が多くこの様になってしまった。仕事で個人の「趣味的世界」に走ると上司からお小言があるが、

業務でないからま〜いいかと思っている。という訳で雑誌風にしてみた。最後に、このホームページで新たな発見があれ

ば作成した甲斐がある。

 

Copyright (c)表示のあるページの掲載画像は全て筆者が個人使用目的で撮影したものである。

このサイトの詳細につては別途相談という形式を取っています。

ホームページ公開にあたり知人から画像をよせて戴いた。web上で感謝したい。