Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、Flash、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

「Java仮想マシン」の実行を許可していないブラウザではページ下部の画像が正常表示されないことがあります。初期状態のままならO.Kです。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2009/07/17

■サイトレイアウト

    人の視覚は光っているものに集中するという性質がある。そこ

   で、サイト内は背景を黒に統一してある。こうすることで、おのず

  と、画面の画像を見ると言うわけである。また、写真では周りを

  暗くしておいて、Hi-Light部分の冴えを見せると言う手法がある。

  これは、広告写真で言うところのアクセントライトと同じである。

   画像の配置は縦には並べていない。それは、上の画像の真下

   に次の画像を配置すると印象が弱くなるからである。少し、視

   線の移動が激しくなるが、交互配置となっている。こうすること

   に依って、画像の上下は黒になるのである。

 

   左の画像はビルの壁面が太陽光で輝いている。これが上で説

   明した内容である。