Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:  全頁日毎:   Web初安打:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerについてはVer.11以上でFireFox、Operaで可能です。Edge、Safariは未確認です。IE11以前のバージョンでは正常に表示されない場合があります。

Java実行環境のセキュリティ強化、Flashアプリケーションが2020年末でサポート終了になるため、JavaScriptで代替実装しています。HTML5には未対応です。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2020/02/11

このページは某釣り雑誌のクロダイダービーの様な物ではありません。

「良型」ページリンク

1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

     

■40センチオーバーのちぬ2020

2020-02-11

大→中潮1 満潮:6:45am 干潮:0:33pm

 

DMC-FZ2 f8・AE -1.7EV

終幕:8:21am 魚長:42.0cm

        37.5cm

水温:10.5℃
暖冬で最低気温が高く海水温が一向に下がらなかったが「大寒」後に寒波襲来で例年のレベルまで下がって来た。今期は14℃前後までの水温上昇も早くなりそうなので早めに釣行開始とした。2月中旬には釣れないと思っているが、数年前に釣れているのを噂で聞いていたので0%ではない。気温が上がって来る8時前後までは時間調整のポイントとして入る。この時期はカモが水面に集まっていることがあり、やはり邪魔をして来た。追い払うだけで時間が掛かってしまったが7:30amから本命ポイントに入る。さぁ〜ここからどうなるか。海水温は10.5℃もあり例年より1℃以上も高かった。30分経過してもエサは齧られない。更に20分経過したところで浮きが押さえ込まれた。合わせるとhitするが竿下を右に走る。竿下から引き離しながらハリスの強度は問題無く、根ズレに注意しながら引きが止まったところで強引に引っ張り上げて行く。この引きからはチヌの筈だが魚体を見ないと何とも言えず、浮いて来た魚はチヌであった。1枚獲れた場所で続けるかどうかであるが、他のポイントを見て来ても中途半端な空きだったので移動はなしとした。30分経過したところで浮きが押さえ込まれる。今日使用している竿は号数の割には胴が柔らかく取り込みに苦戦している。少しサイズが下がってしまったが2枚目が獲れた。もう1度空き状態を見て来たが、入れて結果が伴う場所が無く11時で納竿とした。初釣行で型が見れるのは予想に無かった。昨年の台風19号の影響が釣り場全体には残っており、人が増え始める4月上旬までに何枚獲れるだろうか・・・。

  

「良型」ページリンク

1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

    

Home

目次| 更新情報

編集後記| Article| Link| 壁紙Sample| Guest

Music| 撮影テーマ| My写真| 海釣り| 釣行メモ| 40cmOverへの道