Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

「Java仮想マシン」の実行を許可していないブラウザではページ下部の画像が正常表示されないことがあります。初期状態のままならO.Kです。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2011/10/10

 

実績ばっかりの記載では意味がない。特に、ホームページは「釣れない→通う→本命との出会い」が必要である。そこに

ドラマがあるから....。

  

■2010〜2011年

好調/不調年があります。サイズも年により変わりますから毎年この通りではありません。

釣行日 水温 満潮 干潮 風速 時合 外 道 ドラマ
8 1/16

10.5

1:25pm 8:08am 6m 27.0cm

6:49am

ハゼ、サメ

釣れるポイントは知っているためピンポイントに軽く投入して行く。投入が終わりタックルの整理が済んだのが6:44amであった。最初に投入した竿から聞いていく。2本目を聞いたら乗っているのかどうかは分からなかったがリーリングしていると何かが掛かっていた。生命反応が無かったが竿下にはしっぽの無いエイが来た。

7 1/10

11

8:21am 2:26pm 9m 27.5cm

10:13am

ハゼ*2

手前に居ない様なので9:35amから全竿の遠投を試して見た。ライン絡み防ぐため風下から投入し直し9:45am過ぎに終了する。10:05am過ぎに聞き誘いを行う。4本目を聞くと手応えを感じる。リーリングしているとヒラヒラ泳ぐ感触が伝わって来る。今の時期にエイは掛からないだろうと思いながら竿下まで来たら本命であった。

6 1/04

9.5

5:42am 10:54am 4m 36.0cm

3:28pm

ワタリガニ

夕マズメで型を見れる様に狙いを絞り、2:45pmから全投入を始める。暫くして各竿のラインを見て見ると、斜め45度に流れているのがあった。不自然なラインの走りである。合わせると生命反応を感じる。巻いていると底でヒラヒラと動く。アカエイの様な感触ではない。ラインのクロスを交わし竿下まで巻いて来たら本命であった。

5 1/03

9.5

3:35pm 10:11am 4m 35.5cm

1:54pm

ワタリガニ*2

ハゼ

1:00pm過ぎに全再投入し、1回聞き誘いの後1:50pmに聞いたところ手応えがあった。手前に引き寄せて来ると生命反応を感じた。体制を整え巻き取りに掛かると昨日の様な強烈な締め込みは無かった。慎重に浮かせると長いしっぽの無いエイで一安心した。大潮で入って来たのか腹パンパンのカレイであった。

4 1/02

9.5

2:45pm 9:20am 4m 20.0cm

7:12am

-

7時過ぎに1回聞いて見る。2本目で手応えを感じたが巻いていると軽くなったので気のせいと思って竿を置く。日が高くなる前に何とか喰わせたいので投げ直そうとして2本目のを聞いたらやはり手応えがあった。竿下まで巻いて来ると型は小さいものの本命であった。

3 12/19

13

2:52pm 9:28am 3m 34.5cm

6:53am

-

日の出までには時間があり辺りはまだ暗い。日が高くなると喰わなくなるから第1投目で勝負をする。軽く振り錘の重さと竿先の弾力だけで飛ばす。6:40amに全投入が終わった。暫く待ち、6:47amから聞き誘いを行う。本の10分前に投入した最後の1本を聞いたら手応えがあった。

2 11/20 15 3:30pm 9:54am 4m 25.0cm 11:14am

ハゼ*3

底りが過ぎて1時間経ったら潮流も緩くなった。そろそろ時合かなと思い全てを投げ直せたのが11:06amであった。10分後、最初に投入した3本を順次聞いて行くと最後の1本に何かが乗っている手応え。重量感は無いから一気に巻き上げ見えた魚体は茶色い魚であった。再投入したが直ぐには2枚目は来ず。

1

11/06

16

4:09pm

10:38am

3m

30.0cm

1:44pm

セイゴ

45.0cm

1:20pm

  

■2009〜2010年

釣行日 水温 満潮 干潮 風速 時合 外 道 ドラマ
14 2/14 8

4:59pm 11:23am 3m 29.5cm 1:42pm

フッコ

時は底リを過ぎて0:30pmであったので船道のかけ上がりを狙い超遠投する。暫くすると仕掛けは上潮で流されラインは潮下へ45度に引っ張られていた。既に撤収を開始し残り2本であった。聞き合わせると手応えがあった。始めはゴリ巻きしていたが鈎外れする可能性があり慎重に巻く。ヒトデかもと思っていたが意外や意外本命であった。

13 2/11 10

4:04am 9:43am 3m 28.5cm 10:43am

ハゼ*11

ハゼが沢山掛かるのなら本命が来る筈だろと思っていたが全く手応えが無い。投げ直す度に少しずつ左側にシフトさせて多くの範囲をチェックして行く。その内、顔見知りの喋りのオヤジが来てべったり付き纏われる。早めの昼を取りに行った後で聞くと手応えがあった。生命反応が弱くヒトデかと思ったら茶色い魚であった。

12 1/17

11

6:38am 0:11pm 3m 34.0cm 6:51am

ハゼ*4

5本投入が終わったら6:45amであった。暫くして聞き誘いを行って見た。すると2本目に手応えがあった。リーリングしながら生命反応があるか確認する。その内ヒラヒラ泳ぐ感触が伝わって来る。でも姿を見るまでは何とも言えない。竿下に来たのは茶色い魚であった。

11 1/09

10

10:33am 6:53pm 3m 35.0cm 7:05am

ハゼ*2

車が少ないと言うことは美味しいポイントが空いていそうだった。釣り場に入って行くと思った通りであった。実績範囲の場所を確保して仕掛けを投入して行く。全投入が終わったら6:55amであった。カイド位置を修正しながら聞き誘いを行っていくと手応えのある竿がった。

10 1/04 10 7:46am 1:25pm 4m 35.0cm 0:20pm

-

底りが迫って来たので全て投げ直し完了したのは11:20am過ぎであった。アタリが無いので11:40amに聞き誘いをしておく。これでもダメで11:55amに再度聞き誘いをしておく。底り狙いで0:10pmから全て投げ直そうとしたらゴミでも掛かっている様な感がした。手前まで来ると茶色い魚と分かった。

9 1/01 10 5:59am 11:18am 3m 41.0cm 7:11am

ワタリガニ

42.0cm 11:14am

8

12/31

10 5:19am 10:32am 10m 24.0cm 7:09am ハゼ

居そうなポイントが決まったので第1投を行う。投入が終わったのは7時であった。暫くして聞き誘いを掛けて行くと少し手応えのある竿があった。

34.0cm 8:01am

7:30am前になったので全て投げ直すことにした。投入が終わったのが8時15分前であった。穂先を見ていたらお辞儀した。合わせると乗る。

7 12/30 10 3:00pm 9:41am 5m 40.0cm 9:55am ハゼ*2
39.0cm 2:38pm
6 12/13 12 1:48pm 8:16am 6m 22.5cm 6:53am アカエイ*3

投入完了後暫くして穂先を見ていたら激しくアタるものの合わせても乗らない。全て投げ直そうとして巻いていたら少し手応えがあった。ハゼかカニと思っていたら足裏が来た。

23.5cm 10:14am

上げ始め狙いで場所を変える。第1投目で何か付いていると思ったらまたもや足裏であった。

5

12/12 15 0:54pm 7:10am 4m 29.5cm 8:24am

ハゼ*2

アタリも無く8時過ぎに第3投目を行った。15分経過し聞くと乗っているのかどうか分からない竿があった。一先ず竿を置いて様子を見るとアタる。合わせを入れてもhitしているのか良く分からない。10m先まで来るとカレイと分かった。白子が出ていたのでオスである。ここも産卵期になっていた。

4

12/08

12 9:50am 3:28pm 4m 41.0cm 8:34am -

3

12/06

14 8:19am 1:31pm 3m 37.0cm 6:48am -

第1投目の最初に投入した竿から順次誘いを掛けて行く。すると隣の竿がアタる。仕掛けのクロスかと思ったが聞いて見ると乗っていた。リーリングを行い水面まで浮かせた感じでは、何だ!「ワタリガニ」かと思ったが手前まで引っ張って来ると白い腹が見え本命であった。下への重量感のある締め込みが無かった。

2

12/05

14

7:32am

0:46pm

3m

20.0cm

1:44pm

ハゼ*3

1:00pm過ぎに全て投げ直した。20分経過後、聞き誘いを行う。暫くしてもう一度雨雲予報を確認すると5:00pm頃に本降りになりそうであった。そこで、両サイドから撤収を開始する。中央の4本を残したところで裏のを聞くと少し手応えがあった。竿下に来た時、尾びれを動かす感触から木っ葉と分かった。

1

11/21

14

8:00am

1:13pm

3m

23.5cm

8:30am

ハゼ*6

第2投目を行いアタリが無いので聞き誘いを行っておく。ヘチ釣りを浮きで遣っていた人が顔見知りであったので暫く話し込む。その後、第3投をしょうとしたら少し重かった。隣の仕掛けを引っ掛けたのかと思っていたが「カ」の字であった。今年も初物が遠かった。昨シーズンの初物は11/23頃であった。

  

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道