Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2016/09/18

 

実績ばっかりの記載では意味がない。特に、ホームページは「釣れない→通う→本命との出会い」が必要である。そこに

ドラマがあるから....。

  

■2013〜2014年

釣行日 水温 満潮 干潮 風速 時合 外道 ドラマ
7 1/26 10.5

11:34am

6:01am

7m

32.0cm

6:51am

ハゼ

まず1本目は遠投で投げる。2本目は中投で前日の2枚目のポイントに投げる。明るくなった6:40amに竿のガイド位置を修正しておく。竿を置いた後にアタッた感じがしたが気のせいだろうと思う。数分待って潮下から聞いて行くと気のせいと思っていた竿に生命感があった。リーリングしていたら下方に重く感じるので本命と分かった。

6 1/25 10.5

10:25am

6:11pm

3m

32.0cm 8:09am -

昨年は先週の釣り場で1/26に型を見ており最後の可能性に賭けることにした。第1投目は外れ。やはり居ないのかと思いながら2投目、3投目を投入。8時を過ぎた頃にベストポイントの竿先が動いた。確認すると道糸が少しふけている。合わせると生命反応があり本命と分かった。この釣り場で「戻り」を諦めていたが型を見れた。隣の竿を聞くと何かがついて来る。生命感は弱かったが本命であった。昨年の同時期と同じポイントに居た。

39.5cm 8:32am
5 12/31 9.5

4:43am

9:58am

3m

30.0cm

7:12am

セイゴ

第1投目を下げの潮下から投入して行く。全ての投入を終えて竿先を見ていると引っ張るアタリ。合わせるが乗らない。15分後、潮下から投げ直して行き、先程の竿に重みを感じた。リーリングすると生命感があり恐らく本命であることが分かった。竿下まで来て上に引っ張り上げ浮かせると茶色い魚体であった。

4 12/30 9.5

2:32pm

9:03am

3m

25.0cm

10:39am

-

10時前に全て投げ直すことにした。10:20amに聞くが生命反応は無し。15分経過後にもう一度聞くと最後の竿に重みを感じたがリーリングしていると段々軽く感じたが何かが付いている感触はあった。竿下まで来ると小さく茶色い魚であった。バレるかも知れないが鈎は大き目の物を使用しているので抜き上げた。

3

12/29

9.5

1:32pm

8:01am

3m

37.0cm

10:07am

-

実際に竿を出したことが無いポイントに入ったが手探り状態で結果を出さなくてはならない。何回投げ直してもダメで、ちょい投げもして見るがダメであった。9:40amに第5投目を行う。竿先を見ていると10時過ぎに大きくアタる。合わせると乗った。重みを感じながらリーリングしていても途中で軽く感じたり、大きく締め込まれなく本命と確信出来た。

2 12/08 15.0

9:12am 2:47pm 3m 43.0cm 10:20am

ハゼ

36.0cm 7:34am
1 12/04 16.0

6:14am 11:41am 3m 40.0cm 6:29am

ハゼ*3

  

■2012〜2014年

好調/不調年があります。サイズも年により変わりますから毎年この通りではありません。

釣行日 水温 満潮 干潮 風速 時合 外道 ドラマ
13 2/03 8.0

9:00am 3:49pm 9m 38.0cm 10:00am

-

満潮潮止まりも近くなったことでポイントに見切りを付け場所移動をすることにした。9時前に全ての投入を終える。第1投目は手前を探ったが居ない様で、9:30am過ぎからの第2投目は遠投して見る。投入が終わったのは9:45am頃であった。15分後に各竿を聞いて行き残り2本となったときラインが斜め45度に走っている竿を発見。合わせると乗る。重量感もあった。体制を整えゴリ巻きして行く。竿下まで来た魚体は30cmは十分に超えていた。

12 2/01 8.0

7:53am 2:04pm 3m 30.0cm 6:54am

フッコ

hit実績ポイントに直接投入して上げ潮で探って行く。2本目を投入した後に、1本目の竿がゴトンという音させて動いた。上げ潮で引っ張られたからだろうと思い聞いて見るが何も掛かっていない。そのままにして全ての投入を終わらせる。竿先を見ていてもアタリは無い。6:50amを過ぎていることで一度聞いて見る。最初に投入した竿を聞くと少し重い感じがした。体制を整え隣のラインに絡まない様に巻き上げる。竿下に来たのは本命であったが、やはり30cmを大きく超えられないサイズであった。

11 1/26 9.0

5:14am 10:43am 7m 19.0cm 10:23am

ハゼ*2

9時になっても釣れない。底りを狙うため10時前に全て投げ直す。10:20amに聞いて見るが何も付いていない。もう1回投げ直そうとして聞くと何か付いている竿があった。水面下まで浮かせると茶色い魚が付いていた。この魚で精一杯であった。

10 1/20 9.5

10:10am 6:14pm 7m 40.0cm 7:37am

-

9 1/19 9.5 9:26am 4:43pm 3m 30.5cm 6:42am -

恐らく第1投目が勝負になるであろう。まず前回のポイントを挟んで3本投入する。1m着水点がずれただけでも喰わないから注意をした。4本目以降は少し離れた実績ポイントに投入する。粗投入が終わり目の前の竿を見るとアタっていた。少し間をおいてもう1回アタる。これは乗っていると思い足元を整理してから合わせると乗っていた。生命感は感じなかったが重みがあった。竿下まで巻いて来ると茶色い魚体であった。少し離れたポイントの竿も聞くと重みを感じた。リーリングしていると貝殻の様な感じもした。竿下に来ると茶色い魚体であった。

27.0cm 7:00am
8 1/12 10.5 5:53am 11:18am 3m 26.5cm

6:56am

ハゼ

仕掛けを投入して落ち着いた6:45amから各竿を聞いて行く。何本目かに重み居を感じたが付いていたのは貝殻であった。残り2本になった時に重みを感じた。でも生命反応は無い。貝殻やカニではないだろうなぁ〜と思っていたら小さい本命が付いていた。

7 1/06 7.5 10:40am 4:25am 3m 19.0cm

11:21am

-

ハゼも喰わない状況の中、満潮になってしまった。10:40amに全て投げ直す。11時に聞いて見るが何も付いていない。15分経過した頃に再度聞いて見ると何かが乗っている竿があった。生命反応も感じないまま巻いて来ると木っ葉が付いていた。過去のデータ通りに来たが型が小さ過ぎる。

6 1/03 9.5 8:32am 2:27pm 6m 28.0cm

9:38am

ハゼ*3

フッコ

第3投目を9時前に全て投げ終える。9:10amに聞いて見るが反応無し。9:20amにもう1度聞くが反応無し。9:35amに投げ直そうとして聞き上げると乗っていた。生命反応を感じたがセイゴの可能性もあった。竿下に来ると下方に重くなることから本命と確信した。その後はアタリは無し。

5 1/01 11.0 7:27am 1:10pm 3m 30.0cm

10:01am

ハゼ*3

フッコ

アナゴ

9時を過ぎた頃に下げ潮が緩くなった。底りは昼過ぎの筈だが間違って来るかもしれないので、9:40amまでに全て投げ直した。穂先を見ていたら引っ張る反応。暫くそのまま待っていたらもう1回穂先が微妙に引っ張られる。合わせると乗る。生命反応を感じながらリーリングし竿下まで巻いて来ると本命であった。やはり型は小さく肉厚であった。新年に肉厚の魚が釣れた記憶は無い。水温下降が遅れた影響なのだろうか・・・。

4 12/31 11.0 6:57am 0:36pm 5m 27.0cm

7:46am

ハゼ*3

フッコ

7:30amに全てを投げ直す。風が強く穂先のアタリは分からない。聞いて見ようと思い、ふとラインの張りを見たら弛んでいた。合わせると乗る。生命反応は感じられないが竿下まで巻いて来ると足裏サイズの本命であった。夜明けから時間が経つと喰わなくなって終いこれが制限時間一杯だった。まだ身薄では無かったため産卵が終わっていない様だ。

3 12/15 13.5 6:48am 0:12pm 3m 30.0cm

11:36am

キビレ

11時過ぎに全てを投げ直す。11:19amに投入が終わった。10分経過しただろうか。穂先を引っ張る反応があり、その後明確なアタリがあった。合わせると乗る。リーリングしていると生命反応を感じるがセイゴが付いていないか気になった。竿下まで浮かせたら茶色い魚体であった。釣れても型は小さい傾向がある。

2 11/30

15.0

6:12am 11:45am 3m 42.0cm

7:42am

ハゼ

1 11/14 18.5 5:20am 10:55am 3m 32.0cm

10:27am

セイゴ

時刻は10時前になり、あと2回投げ直して来なければ納竿としょうと思っていた。10:20amに一度聞き誘いを行う。竿の1本だけ錘が砂地を通過した感触があった。10分後に投げ直そうとして聞くと何かが付いている感じがして手前まで巻いて来ると下方に重みを感じた。上に引き上げながら巻くと本命であった。

 

■2011〜2012年

釣行日 水温 満潮 干潮 風速 時合 外 道 ドラマ
2 1/07 10.0 3:18pm 9:48am 9m 17.0cm

7:30am

セイゴ

7:30amに投げ直そうとしてリーリングしていたら少し重い感じがしたが生命反応が無い。手前まで引っ張って来たら、何だ〜!仕掛けのクロスかと思ったら木っ葉が付いていた。でも、自分の仕掛けでは無かった。誰かの切れた30号の仕掛けに付いていた。これは間接的に釣ったことになる。

1 12/23

11.0

4:34am 9:34am 6m 19.0cm

9:08am

-

第1投目は下げている途中であるため錘が流されてしまうことを予想して仕掛けを投入しアタリを待つことにした。底りを過ぎた頃に聞くと少し重いかなと思ったが生命反応が無い。手前まで来たら生命反応を感じ魚体を見ると木っ葉であった。

  

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道