Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

「Java仮想マシン」の実行を許可していないブラウザではページ下部の画像が正常表示されないことがあります。初期状態のままならO.Kです。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2009/07/26

このページは某釣り雑誌のカレイダービーの様な物ではありません。

 

■40overカレイ2000

2000-02-27 小潮 size:44.5cm hit:5:30pm

写真は無し

隣で遠■氏が5:00pmに32cmのカレイを上げる。そこで、筆者も投げ直した。30分経過。当たりか。遠■氏が隣で仕掛けを回収しているのでクロスしているのかも。しかし、仕掛けは無事回収されている。もしやカレイ。聞くと重い。ゆっくり巻き上げる。確かにカレイである。大きい。計測すると44.5cm。やりー!!。そこで、遠■氏が近寄ってきて、32cmと交換しようという。あっそうだ!。”「磯・投げ」誌に投稿しないといけないので持って帰る。だから交換できない。これが最初で最後かも”という。そうっか、投稿すれば載るよ。交換は免れた!。前の42cm[29-jan.-2000]も狙われた気を付けないといけない。特に、日曜/祝日は。                              

 

2000-02-12 小潮 size:41.0cm hit:5:10pm

写真は無し

前日、3枚釣ったので控えめに竿を出していた。取りあえず32cmをget。その後、「釣り場速報」の記者が来てカレイ爆釣の取材を行った。半分ヤラセである。そして千■氏が40overのカレイを持っている所が表紙となった。筆者は次のページに32cmカレイを持って微笑んでいるのが載っている。それはさておき、夕方ヘチをやっていたら、石■氏がこの竿当たっていると叫んでいる。いそいで巻き上げに掛かる。カレイだろと言われるので、とぼけた返事をした。石■氏がそろそろ玉網を用意し出した。浮いてきたのはカレイであった。                                                           

 

2000-01-29 小潮 size:42.0cm hit:2:30pm

写真は無し

ヘチ釣りをしていたら、糸ふけを確認。聞いてみるとカレイぽくない。泳ぎまくっている。何だこれ。フッコ、フッコと連呼しつつ巻き上げる。型を見るとカレイであった。おっと玉網がないと叫び、無事玉網入れ完了。後日、加■氏曰く「泳ぎの上手いカレイ」だそうだ。

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道