Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2002-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

 

■完成へのアプローチ

まず、完成のイメージを作ってから撮影する。行き成りは行わない。

 

現在、何が撮れるのかを考慮して、

何処に行くかを決める。

 

撮る被写体が決まる。 → 待って行くレンズが決まる。

どう撮るかイメージングしておく。

 

 

見つけた被写体からどの様に狙うか

イメージを膨らませる。

 

@接写などは擬人化をする。

Aユニークな表情狙い。

B遠近感を誇張し今にも動き出しそうな感じを出す。

C鑑賞者にその場に居る様な錯覚を与える。

 

 

イメージが表現出来るのが広角か望遠レンズなのか。

 

@広角の場合はアングルと遠近感が決め手となる。

A前後左右に移動し良い位置を探す。 

Bイメージを強調するのに余計なものは排除する。

C望遠はインパクトが弱くなるので使用しない。

D鑑賞者の視線を誘導するには広角が良い。

 

 

露出の決定

 

重厚感を重視する場合はアンダー。

ハイキー表現は殆どしない。

 

 

完成

 

意図した絵になっているか。

 

擬人化

表情

   
   

 

サイト内の「こら〜む!」リンク

My被写体 写真批評 コンテスト 写真/個展論 いいカメラ レフ板って Zuikoレンズ 露出決定法 印刷解像度 My機材

 

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道