Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2001-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

建築物&オブジェ

街角オブジェのスナップ クリスマスのオブジェ 超広角レンズについて

画像を表示するにはMacromedia FlashPlayer Ver.7以上が必要です。バージョンアップ・ウィンドウが表示されたらインストールして下さい。

上手く動作しない場合は上記リンクから最新のFlashPlayerをインストール願います。

  

■広角レンズで建築物の直線/曲線を表現する

OM-4TiB Zuiko21/F3.5 f4・1/15  RHP3

 

前から気になっていたので撮ることにした。一応、記念撮影と言うことにしつつ、拘った撮り方になった。超広角の特徴を出したいのだが被写体同士がかぶらない撮影ポジション、撮影意図と屋内照明の明るさの関係でこの様になった。手前のビーナスが中央に向けている手をポイントにして作図した。超広角と言っても1/15ではぶれるので噴水にへばり付いて撮影。

  

 

OM-3Ti  Zuiko 21/F3.5  f8・1/15  一脚  PRP

 

’96年秋、街角をぶらぶらしていたら、建築物が完成したので一般公開していた。超広角レンズで撮れる被写体が無いか探していたら天井なら撮れそうと思いレンズを取り出した。建築物の撮影は完成後がいい。これは色落ち等が発生するため。殆どが曲線と直線の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OM-4Ti  Zuiko 21/F3.5  f11・1/125  E100S

 

近代的なビルは造形がユニークである。部分撮りも良い。線と曲線を強調するには...と考えながらアングルを探す。

  

 

OM-3Ti  Zuiko 16/F3.5fisheye  f11・1/30  E100S

 

ここ数年、臨海副都心にあまり行っていない。辺りを見回しても撮る物が少ない。そう言えば夏に右の建築物を撮りに行ったきりである。おいおい、行っていないではなく行っているではないか。少しまわりクドイ言い方になってしまった。レンズとアングルを変えてもすっきりまとめることが出来ない。思ったよりも苦戦。そこで魚眼レンズにしてみたらなんとかなった。軒下の歪みが不自然かな。こんな撮り方は少しやり過ぎだな。

 

 

OM-4TiB  Zuiko 28/F2.8  f8・AE+0.3EV  PRP

 

建築物のライトアップしたのも良いが、建築物がよく見える様に照明しているから、それをそのままとったのでは相手の思う壺である。だから、ライトアップは撮らないが...。

  

 

 

 

 

 

 

 

建築物&オブジェ

街角オブジェのスナップ クリスマスのオブジェ 超広角レンズについて

   

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道