Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、Flash、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

「Java仮想マシン」の実行を許可していないブラウザではページ下部の画像が正常表示されないことがあります。初期状態のままならO.Kです。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2009/07/14

 

■コンテスト

一時、雑誌に投稿していたことがあった。雑誌は玄光社発行のフォトテクニック誌である。1997年、年間連続投稿してテレホンカ

ードを貰ったが、最終選考で落選続き。掲載3回、4作品しか掲載に至らなかった。大した作品ではなかったのだが。雑誌、コンテ

ストに当選するのは別に素晴らしい、上手いからと言う訳ではない。大多数の購読層のレベル、誰もが頑張れば撮れる物が選

出対象だ。だから、もうコンテストには投稿しない。掲載されなかった場合の批評を読むと腹が立つことがある。”そんなこと言わ

れなくても分かっている!!”と。あげくの果ての批評は「こんな物撮るな」だって。如何わしい物以外、何をどう撮ろうと自由なの

に。これってまさしく撮影の自由を奪っている。もう少しましなコメントの出来る編集部だと思っていたが、凄く低俗であった。写真

はこう撮りなさい。この撮り方は撮影技法としては認められませんだって。所詮、カメラ雑誌なんてこんな程度なのである。商売目

的であるから。

 

それはそうとして、あまり掲載ベルが高いと誰も投稿しない筈。賞金xx万をあてにしても割りが合わない。名前/作品を載せたいと

言う単純な目的なら別なのだが。自分で撮るにしても、雑誌等に掲載されるにしても、強引に撮って来ました。/ヤラセ作品と言

うレベルの物は好まない。写真雑誌の月例レベルが高いと思わないのはこれらのせいだ。

「お主、出来るな!!」と言うアマチュアの掲載作品を見たいものだ。

 

サイト内の「こら〜む!」リンク

My作画法 My被写体 写真批評 写真/個展論 いいカメラ レフ板って Zuikoレンズ 露出決定法 印刷解像度 My機材

 

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道