Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2001-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

サイト内のマクロ撮影のページ

山野草 高倍率マクロ 3倍付近 等倍付近 早春の花 初夏の花 コスモス 花木 花畑

画像を表示するにはMacromedia FlashPlayer Ver.7 以上が必要です。バージョンアップ・ウィンドウが表示されたらインストールして下さい。

上手く動作しない場合は上記リンクのFlashPlayer Ver.8をインストール願います。

   

■公園の花畑で接写撮影する

EOS-5  EF180/F3.5Lmacro  f5.6・SP・AE+0.5EV RVP

 

早春の被写体と言えば福寿草である。雪と絡めて撮るのは  条件が整わないと出来ない。初心者が必ずやる人の目の位置から見下ろして撮ると背景が床土になり汚くなる。すっきり上手くまとめられるかが腕の見せ所でもある。今回はミツバチにでもなったつもりで花芯にグッグッと寄った。スポット光で雰囲気をだした。寒さの中で咲くことから力強さが必要なので若干アンダー目である。この株だけが撮るのに都合が良かった。他のは傷みが酷い、1株しかなかったりしてまとまりがなかった。

 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 50/F2macro  f2・AE  PRP

 

 

 

都心を歩いていたら日陰に咲いているガクアジサイを見つけた。丁度撮るのに良い程瑞々しい被写体であっ たが生憎マクロレンズを持っておらず出直すことにした。日陰に咲いていた額紫陽花のため色温度が高くなってしまった。三脚を使う程の被写体では無いから手持ちで撮影を行なったためブレに注意した。

 

 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 35/F2.8shift  f5.6・AE  PL RDP3

 

背景に丁度いい群落があったので広角レンズで接写することにした。背景のコスモスが煩くならず、形が分かる程度まで絞り込んだ。

 

 

 

EOS-5 EF180/F3.5Lmacro  SP・f4.5・AE +1EV 

RVP100-F

 

 

 

毎年、電車の中吊り広告で「牡丹まつり」を目にするが今年のポスターは力が入っていたから観光協会のwebで5分咲きを過ぎた頃に見に行く。しかし、既に早咲きが終わっており撮れる被写体がなかったが、丁度「八千代椿」が見頃になっていた。左右の花の咲き方が汚く感じる。  

 

 

EOS-5  EF180/F3.5Lmacro SP・f3.5・1/125 +1.5EV

RVP100

 

花弁が開き過ぎでどれも絵に出来なかったが何とかイメージ通りの作例として公開出来るものがあった。撮影開始時は曇りであったが次第に木漏れ日が当たる様になった。輝度差があるとハイライト側は飛んでしまう。

 

 

 

EOS-5 EF180/F3.5Lmacro SP・f3.5・1/20 +1EV E100GX

 

 

この山紫陽花も上から見ると放射状に花を付ける。花は八重であるが上から押し潰し平たくした感じである。それで、「星」をイメージして命名したのだろう。八重にするどうかは命名者の第一印象だから。山紫陽花には思った以上に種類があるのに驚いた。命名にはほとんどが地元の有名なものを使っており、花には特に関係ない。ポット苗販売には愛媛県産の「伊予・・・」が多い。

 

  

サイト内のマクロ撮影のページ

山野草 高倍率マクロ 3倍付近 等倍付近 早春の花 初夏の花 コスモス 花木 花畑

   

Home

目次| 更新情報

編集後記| Article| Link| 壁紙Sample| Guest

Music| 撮影テーマ| My写真| 海釣り| 釣行メモ| 40cmOverへの道