Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2002-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

初夏からの被写体へリンク

GWの新緑 1頁 GWの新緑 2頁 近場の滝 藤と牡丹 藤の名所巡り 「骨波田の藤」 ヤマツツジ群落 薔薇 紫陽花 花菖蒲 蓮の花 向日葵 花火

画像を表示するにはMacromedia FlashPlayer Ver.7 以上が必要です。バージョンアップ・ウィンドウが表示されたらインストールして下さい。

上手く動作しない場合は上記リンクのFlashPlayer Ver.8をインストール願います。

             

■88夜から210日の被写体

OM-4Ti  Zuiko 35/F2  f8・SP・AE +1EV RDP3

 

ヒマワリを多く入れると、どうもアウトフォーカスの部分が目障りとなり絵が汚く感じる。これは自分だけであろうか。撮影者の視点を見せるのなら1株で構成した方がすっきりする。

  

 

 

EOS-5  EF180/F3.5Lmacro  f8・SP・AE+1EV  RVP100

 

 

 

蓮の写真なんてコンテストに当選したりしているのでよく見掛けるし、大体撮り方は決まってしまっている。だから今まで被写体とはしなかった。蓮は至近距離で咲く訳ではなく望遠レンズで撮るのでは絵としては弱くなる。とりあえずは花菖蒲を撮りにいった公園の大賀ハスを見に行く。クローズアップで主題が引き立ち、花芯に花弁が被らない場所を探した。絵には作者が何処まで考えて撮ったかが出るから怖い。

 

 

OM-4TiB  Zuiko 180/F2.8  SP・f8・AE +1.3EVEBX4

 

毎年、電車の中吊り広告で「牡丹まつり」を目にするが今年のポスターは力が入っていたから観光協会のwebで5分咲きを過ぎた頃に見に行く。しかし、既に早咲きが終わっており撮れる被写体がなかった。

  

 

 

EOS-5  EF180/F3.5Lmacro  f8・1/125 x1.4  RVP

 

 

 

公園の池にスイレンが咲いている筈なので見に行く。葉の陰で咲いている株は撮らずに障害物のないところの物を選ぶ。レンズを覗くとマスターレンズのままでは長さが足りない。テレコンを付けアップで狙う。フィルムが1駒しか残っていないことから、露出ズラシは出来ない。そこで右上の花弁をスポット測光し+1EVとした。

  

 

OM-4TiB  Zuiko 100/F2  SP・f8・AE +1.3EV RVP100

 

標準レンズだとどうしてもクヌギ林の写りがやや煩く感じられる。基本的には斜面を上から俯瞰するか下から見上げる、或いは斜面を横から見る位置からでないと絵にならないという制約がある。晴天だと木漏れ日で汚く写っただろう。撮影の旬を逃がさない様に注意する。あまりフレームを下に振ると山ツツジがメインとなってしまう。

 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 28/F2.8  SP・ f8・AE +1EV  RVP

 

 

 

何気なく通り掛った旅館の駐車場に藤棚があった。手前しか写せない。棚の下は暗部であるから前部の扱いで仕上がりが左右される。そこで広角レンズで狙うことにした。

  

 

  

初夏からの被写体へリンク

GWの新緑 1頁 GWの新緑 2頁 近場の滝 藤と牡丹 藤の名所巡り 「骨波田の藤」 ヤマツツジ群落 薔薇 紫陽花 花菖蒲 蓮の花 向日葵 花火

 

Home

目次| 更新情報

編集後記| Article| Link| 壁紙Sample| Guest

Music| 撮影テーマ| My写真| 海釣り| 釣行メモ| 40cmOverへの道