Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2005-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

サイト内の「桜」のページ

各年版 枝垂れ桜
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 桜花接写 花木 第1部 第2部 第4部 第5部 第6部 第7部 第8部 第9部 秩父[抜粋版]

画像を表示するにはMacromedia FlashPlayer Ver.7以上が必要です。バージョンアップ・ウィンドウが表示されたらインストールして下さい。

上手く動作しない場合は上記リンクから最新のFlashPlayerをインストール願います。

  

■枝垂れ桜を撮る 第3部

OM-4TiB  Zuiko 21/F2  f16・AE +1EV  RDP3

六義園

 

日中の枝垂れは毎年撮っているから夜桜を撮るつもりは無かったが、東京の某ローカルTV局で生中継をしていたのをちらっと見た。夜桜が絵になるかはライトアップ次第である。 夜桜なんて人工的に光を当てて演出しているから撮らされている感じがする。正面から撮ると意図が絵に反映されない。そこで、裏側から樹形をシルエットとして狙う。 が、ライトが強烈過ぎる。露出は+0.3EV補正が良いのだが、スキャンするとシャドウが再現されない関係で+1EVとなった。

 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 50/F1.8 SP・f11・AE +1.3EV FortiaSP

梅岩寺

 

2年振りに再訪問したら手前にあった枝が無くなっていた。このアングルから枝振りを狙うには好都合である。 広角で基幹を狙えるか確認したが特徴がないのと全て逆光となり表現出来なかった。 桜花のボリューム感を狙っている理由ではないのでこの様にした。 今回は丁度満開の時に見ることが出来たが、別の場所で枝垂れを撮って来たことから少し日が高くなり過ぎた感がする。 結果として、正面から見るのとは全く違うイメージの枝垂れとなった。

 

 

 

 

 

OM-4TiB Zuiko 50/F1.8 SP・f8・AE +1EV FortiaSP

坂戸市・慈眼寺

  

桜を捜索していたら住んでいる沿線に枝垂れがあったので見に行く。昨年の花見は満開から数日過ぎてしまったが、今年は早めに行動したので満開に訪問出来た。少し左右に移動するだけで絵は随分変わってしまう。

 

 

 

OM-3Ti  Zuiko 35/F2 SP・f11・1/30 +1EV  RVP

  

 

  メインの枝垂れを中心にして周辺を広めに撮った。だが逆光で狙っていることからきちんと「晴れ斬り!!」をしないと写りが良くならない。このアングルなら夕方の方が良いと思うだろうが、桜が逆光で輝かなくなり絵が弱くなってしまう。 人為的な照明を行う「ライトアップ」を撮るつもりはない。まぁ〜、撮影意図が明確になっていないと作図が出来ないのである。綺麗さだけを狙うのなら撮らない方が良い。良い子は真似をしないのが一番!!

 

 

OM-4TiB  Zuiko 21/F2  SP・f8・AE +1.3EV  RVP100

藤野町・正念寺

 

昨年は散り始めの頃に行ったので、今年は満開前後に合わせて見に行く。遠くから見た時にはもう葉桜かと思ったが、至近距離で見ると花芽の付き方が荒いだけであった。どの枝垂れも樹勢がかなり落ちてきている。絵はシルエットの方がイメージに近かった。

 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 35/F2  SP・f8・AE +1EV  RVP100

新宿御苑

 

  公園の中にある茶室前のベニシダレ。都立庭園でも似た様な絵が撮れるが...。満開を狙って見に行く程の被写体ではない。少し散り始めているから勢いがないのは否めない。寺の枝垂れとはまた違う趣である。

 

  

上記の枝垂れは各年度版の決定稿です。各年度版にも別のアングルの画像があります。続きは第4部で...。

サイト内の「桜」のページ

各年版 枝垂れ桜
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 桜花接写 花木 第1部 第2部 第4部 第5部 第6部 第7部 第8部 第9部 秩父[抜粋版]

    

Home

目次 | 更新情報

編集後記 | Article | Link | 壁紙Sample | Guest

Music | 撮影テーマ | My写真 | 海釣り | 釣行メモ | 40cmOverへの道