Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。<<高輝度/高精細CRTでの閲覧を推奨します。液晶は不適合です。>>

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerNetscape何れもVer.4以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティが強化され「Java仮想マシン」が実行出来ないPCが増える予想からFlashアクションスクリプトに実装変更しました。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2018/01/01

Copyright (c)2001-2018 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

サイト内の「花火」へリンク

花火のイメージ化 花火風景1 花火風景2 東京湾大華火祭1 東京湾大華火祭2 東京湾大華火祭3 東京湾大華火祭4

画像を表示するにはMacromedia FlashPlayer Ver.7 以上が必要です。バージョンアップ・ウィンドウが表示されたらインストールして下さい。

上手く動作しない場合は上記リンクのFlashPlayer Ver.8をインストール願います。

  

■夏の花火を遠近感を付けて撮る

EOS-5 EF50/F1.4 f8・B E100S

  

90年代末、水中花火の観覧目的であっちこっちに出掛けたことがあった。水中花火は湖か海水浴海岸で行われるが、前者は規模がどうしても小さくならざるを得ない。上げられる玉が八重芯とかの特徴があれば傑作が撮れる。左絵は低位置で大玉が炸裂して打ち上げ失敗なのかと思わせ面白かった。

 

OM-2000 Zuiko 35/F2  f8・B  RVP100

  

プログラム上はワイドスターマインであったが大空中ナイアガラの様な打ち上げ方であった。持っていったレンズの画角の関係で中途半端な絵になってしまった。でも、特徴のある玉がテンポよく打ち上げられると撮り易くなる。芯物の変化菊が多数打ち上げられる方が絵にするのに好都合である。

  

 

EOS-5   EF50/F1.4  f8・B  E100S

  

オランダ風風車がフレーム内に入る場所を確保したまでは良かったが・・・。花火を風景として撮ると花火の方が明るいため風景が黒く潰れてしまう。本来は多重露出にして風車と花火を分けて撮った方が良い。

 

 

 

 

OM-2000  Zuiko 21/F3.5 f8・3S E100S

  

花火を主題にして広角で撮っているから夜景のディテールは出ない。夜景を写したいのなら多重露出にする必要がある。広角で撮るには頭上で炸裂する花火でないとインパクトのある絵にならない。普通に撮るとただ広い風景が写っているだけになってしまうので注意が必要である。

 

EOS-5 EF24/F2.8  f8・B RVP100F

  

ローカルな花火大会では打ち上げ方や玉自体に問題があることがある。無難なスターマインなら絵になりそうであるが玉の構成/演出、打ち上げの間隔に依存してしまう。フィナーレなら打ち上げ方に関係なく間違いない絵になるかもしれない。

 

OM-4TiB Zuiko 16/F3.5fisheye f16・B E100S

空中ナイアガラを砂浜から撮ってみる。この撮り方では遠近感の付き方が弱く迫力がない。砂浜で三脚を使用すると脚に砂が入るという問題が生じる。

 

 

サイト内の「花火」へリンク

花火のイメージ化 花火風景1 花火風景2 東京湾大華火祭1 東京湾大華火祭2 東京湾大華火祭3 東京湾大華火祭4

 

Home

目次| 更新情報

編集後記| Article| Link| 壁紙Sample| Guest

Music| 撮影テーマ| My写真| 海釣り| 釣行メモ| 40cmOverへの道